デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

品質スコアについて知るべき3つのこと

Google AdwordsやYahoo! Japanスポンサードサーチにおいてパフォーマンス決定に大きく影響がある「品質スコア」について知るべきことをご紹介したいと思います。

1.品質スコアとは?


Adwordsのヘルプによると、

品質スコアとは広告の全般的な品質を評価するものです。アカウントの各キーワードに割り当てられる 1~10 の数値は、そのキーワードに対応する広告やランディング ページの品質を示します。

とあります。このスコアは次の3つの要素によって決定されます。

  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディングページの利便性

つまり広告が如何にユーザーの求めている情報と合致しているかという品質を示すスコアだといえます。

 

2.品質スコアが重要な理由

ではなぜ品質スコアが重要なのでしょう?

それは品質スコアが広告掲載順位決定はもちろん、クリック単価(CPC)の決定にも大きく関わってくるからです。広告掲載順位は広告ランクによって決定されます。では広告ランクはどのように決定されるのでしょうか?以下のAdwordsオークションに関する動画とAdwordsヘルプを見てみましょう。

 

 

 

広告ランクとは、入札単価、オークション時の推定クリック率の測定結果、広告の関連性、ランディング ページの利便性、広告表示オプションやその他の広告フォーマットの見込み効果に基づいて算出されるスコア

上記1の内容とくらべてみてください。「オークション時の推定クリック率の測定結果、広告の関連性、ランディング ページの利便性」の部分がほぼ品質スコアの決定要因と同じです。つまり品質スコアが高いとそれだけ掲載順位が上がるということにつながります。

またCPCですが、実際のCPCは以下の要因で決定されます。

 

実際のCPC = 次の順位の広告ランク/自社の品質スコア+1円

例で考えて見ましょう。

 

広告主 入札価格 品質スコア 広告ランク 掲載順位 実際のCPC
A 200円 10 2000 1 1600/10+1 = 161円
B 400円 4 1600 2 1200/4+1 = 301円
C 600円 2 1200 3 最小クリック単価

 

となり、入札価格が低くても実際のCPCは品質スコアに応じて低くなるような設計となっています。

 

3. 適切な品質スコアは?

品質スコアが重要だとして、果たしてどれくらいの値が適切なのでしょうか?もちろん全て10というのは理想でしょうが、そこまでする必要はありません。

キーワードの特性に合わせて考えたいと思います。

 

ブランドキーワード

例えば自社の名前や商品名で検索した際に、他社の広告やオーガニックな他社サイトが出て来ることはブランディングとしても、リード獲得という意味でも非常にまずい状況です。それを避けるために、ブランドキーワードは8以上の品質スコアは保ちましょう。ブランドキーワードでの品質スコアを改善するためには次のような方法があります。

  • PageSpeed Insightsでランディングページのローディングスピードを検証
  • 広告文で自社のUSPをアピール
  • 可能な限り多くの広告オプションを活用

 

購買可能性が高いキーワード

ビジネスにおける影響度が最も高いキーワード群です。つまり品質スコアを上げることがビジネスの成功に直結します。そのため、品質スコアは7以上を保ちましょう。品質スコアの改善には次のような方法が考えられます。

 

  • 購買可能性が高いキーワードを集約。これにより、より調整が容易になります
  • 最も価値が高いキーワードに対しては、専用のランディングページを用意
  • 少なくともキーワードを広告に2回含める。例えば広告文とURLという形で

 

購買可能性が低いキーワード

top-of-funnelなど購買可能性が低いキーワードはどうでしょうか?このキーワード群はすぐにはコンバージョンにはつながりませんが、RSLAやカスタマーマッチ、さらにはFacebookでの類似オーディエンスに活用するなどこれから成長させることができるポテンシャルが高いものです。このようなキーワードに関しては、品質スコア7を目指しましょう。品質スコアの改善には次のような方法が考えられます。

 

  • キャンペーンレベルでのランディングページの設置。それほど粒度が高くないが、最適化が容易になります。
  • 広告文の見直しでCTRの改善

 

このように品質スコアは非常に重要なものとなっています。弊社の検索広告管理プラットフォーム「Marin Search」では品質スコアの確認やその履歴もみることができ、さらに「ディメンション」機能で広告グループを再構成せずに必要なキーワードを集約し、最適化することが可能です。ご興味がございましたら、下記よりご連絡ください。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト

 

 

 Post Tags: Search Marin Search

関連記事