デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Yahoo! Japan ETA(Extended Text Ads:拡大テキスト広告)の導入発表

間もなく従来型のURLの配信が停止となり、アドバンスドURLに移行するヤフー・ジャパンのスポンサードサーチですが、昨日GoogleのETA(Expanded Text Ads:拡張テキスト広告)と同様の広告の変更が発表されました。

Yahoo! JapanはETA(Extended Text Ads: 拡大テキスト広告)を11月中旬から下旬に導入すると発表しました。このETAでは、現在判明している限り以下のような変更が行われます。

 

  現状のテキスト広告 拡大テキスト広告
タイトル  全角15文字  全角15文字+全角15文字
2つの見出しはハイフンでつながって表示される
説明文 1,2それぞれ全角19文字  全角40文字
 表示URL 半角35文字 なし
ランディングページURLから自動的にドメインを抽出
ドメイン以下のパスについては、半角15文字以内で2つまで指定可能
 入札  デスクトップ向け入札価格およびモバイル調整を設定  基本入札価格を設定し、デスクトップ、モバイル、タブレット向け調整を設定(-100%から+900%)

 

導入の背景としては、Google ETAと同じようにモバイル検索での存在価値を高めるために広告文を増量したということだと思われます。

 

マリンソフトウェアの運用プラットフォーム「Marin Search」では、拡大テキスト広告にも迅速に対応していく予定です。またより効率的にサーチ広告を運用していただけるようなソリューションを提供していきます。Marin Searchでは、直感的なプラットフォームでキャンペーンを一元管理することができ、パフォーマンスの改善や解析をお手伝いいたします。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト

 Post Tags: Yahoo Japan SEM Trends

関連記事