デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

ウェブサイト年間集客ランキング2017発表

アクセスログデータ分析サービスを提供するヴァリューズが2017年1月から10月における主要ウェブサイトの訪問者数ランキングを発表しました。 集計方法は以下のとおりです。

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2017年1月~10月における流入上位サイト(1000サイト)について、サイト訪問者数を集計。2016年同時期におけるサイトランキングとの比較を行った。

※ランキング表内の「カテゴリ」はヴァリューズが独自に定義。

※サイト訪問者数は該当サイトを訪問したUnique User数。VALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

※アプリ起動ユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

※カテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得し、メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmail、Google+などプリインストールアプリは除外している。

PCでのトップ10は以下のようになっています。

 

順位 サイト名 URL UU数
1 Amazon.co.jp www.amazon.co.jp 62.31M
2 Yahoo! Japan www.yahoo.co.jp 62.16M
3 Google(日本) www.google.co.jp 61.03M
4 楽天市場 www.rakuten.co.jp 59.77M
5 Youtube www.youtube.com 56.74M
6 Yahoo! 知恵袋 chiebukuro.yahoo.co.jp 55.98M
7 Yahoo!検索 search.yahoo.co.jp 54.04M
8 Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp 52.26M
9 Yahoo!ショッピング shopping.yahoo.co.jp 49.82M
10 ウィキペディア ja.wikipedia.org 49.11M

 

モバイルでのトップ10は以下の通りです。

 

順位 サイト名 URL UU数
1 楽天市場 www.rakuten.co.jp 59.04M
2 Google(日本) www.google.co.jp 55.16M
3 Amazon.co.jp www.amazon.co.jp 54.73M
4 Facebook www.facebook.com 51.03M
5 Yahoo!知恵袋 chiebukuro.yahoo.co.jp 49.35M
6 Twitter twitter.com 48.19M
7 ウィキペディア ja.wikipedia.org 48.07M
8 NAVER まとめ matome.naver.jp 47.86M
9 アメーバブログ ameblo.jp 46.61M
10 FC2ブログ blog.fc2.com 42.48M

 

最後にモバイルアプリユーザー数です。

 

順位 アプリ名 UU数
1 LINE 69.59M
2 Facebook 48.99M
3 Twitter 34.89M
4 マクドナルド 33.22M
5 Yahoo! Japan 31.29M
6 OfficeSuite 29.69M
7 楽天市場 28.28M
8 Instagram 27.12M
9 Amazon(ショッピングアプリ) 26.82M
10 Facebook Messenger 25.69M

 

PCではAmazonが1位となっていますが、Yahoo! Japan関連サイトが分割されていることから考えるとYahoo! Japanが1位と考えるべきでしょう。

また注目すべきはGoogleがYahoo! Japan検索をスマートフォンはもちろんのこと、PCでも上回っており、若干2社のパワーバランスが変化してきています。このあたりはサーチ広告におけるパブリッシャーの選択という意味でも今後影響が出て来ると考えられます。

 

それ以上にモバイル(ウェブ、アプリ)でのFacebookの検討が目立ちます。日本ではFacebookはそこまで広がりを見せていないという認識が大きかったと思いますが、この調査結果を見る限りは、パブリッシャーとしてはGoogle, Yahoo! Japanにつぐユーザー数を日本でも獲得しています。
つまりオンライン広告においては、Google、Yahoo! Japanに加えて(特にモバイルでの)Facebookという選択肢が非常に重要になってきていると考えられます。
そしてそれぞれのチャンネルを別々に考えるのではなく、クロスチャンネルでマーケティング戦略を考えるということが今後ますます重要になってくるでしょう。

 Post Tags: Trends

関連記事