デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

過去の記事

リスティング広告のキーワード管理で気をつけるべき最初の5つのポイント

効果の高いリスティング広告(サーチ広告)の運用において、注意すべき点としてキーワードの管理があります。その中でも、特にポイントとなる点についてご紹介します。

続きを読む
 0

SMBでの広告運用ツール導入の際に気をつけるべきポイント

リスティング広告をはじめとした運用型広告は、多くの企業で導入が進んでいます。
2015年のインターネット広告は日本全体で9,194億円使われておりますが、そのうち運用型広告は6,226億円となり、インターネット広告の68%が運用型広告予算で使われていることになります。
運用型広告を使っているのは、大企業が多いだろうと考えられがちですが、中小企業もかなりの予算を使うようになっています。

続きを読む
 0

2016年にリリースされたサーチ広告の新機能4つ

12月も半ばに差し掛かかりました。今年1年、サーチ広告(Adwords,スポンサードサーチ)でリリースされた新機能の中で特にインパクトの大きかったものを取り上げたいと思います。

続きを読む
 0

先週の注目ニュース:Instagramがショッピング機能提供開始など

少し更新間隔が空いてしまいましたが、今回は先週のデジタルマーケティング関連の話題をいくつかとりあげてみたいと思います。

続きを読む
 0

【国内活用事例】サイト内行動や在庫データを活用したSEM

現在のSEMはビジネス(ビジネスゴールやビジネスニーズ)を意識した運用ができてますか? 

続きを読む
 0

年末年始シーズン向けての検索広告3つのポイント

10月も半ばをすぎ、一年で一番のピークシーズンである年末・年始が近づいて来ました。そこで今回は、年末年始シーズンに向けてサーチ広告でよいパフォーマンスを出すためにポイントを上げていきたいと思います。

続きを読む
 0

Yahoo! Japan ETA(Extended Text Ads:拡大テキスト広告)の導入発表

間もなく従来型のURLの配信が停止となり、アドバンスドURLに移行するヤフー・ジャパンのスポンサードサーチですが、昨日GoogleのETA(Expanded Text Ads:拡張テキスト広告)と同様の広告の変更が発表されました。

続きを読む
 0

サーチ広告における正しいデータの活用法 - 重複キーワードの罪

「Garbage In Garbage Out」というフレーズはコンピュ―タが情報を処理する際に古くから存在する考えです。それは、『無意味なデータ』をコンピュータに入力すると『無意味なデータ』が返されるということです。コンピュータの黎明期にこのフレーズは有名となり、その後様々な分野で使われるようになりました。

続きを読む
 0

予算内でサーチキャンペーンの効果を最大化する最善の方法

サーチ広告運用者は時として不可能なことを依頼されます。クライアントが2つの相反する結果を求め、驚異的な成果を求められることがあります。そのような中で、数多くの例から広告運用者が必ずぶつかる1つの課題を今回は取り上げたいと思います。

続きを読む
 0

Google Shopping Campaign成功のため4つのヒント

これから年末へと向かっていきますが、その中で非常に強力なマーケティングツールとなるのが、検索キーワードに合わせて、商品情報を画像や価格とともに表示するグーグルショッピングキャンペーン。それを成功に導くためのヒントをご紹介します。

続きを読む
 0