デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

予算内でサーチキャンペーンの効果を最大化する最善の方法

サーチ広告運用者は時として不可能なことを依頼されます。クライアントが2つの相反する結果を求め、驚異的な成果を求められることがあります。そのような中で、数多くの例から広告運用者が必ずぶつかる1つの課題を今回は取り上げたいと思います。

それは、「予算内で担当アカウントをいかに最適化するか」という課題です。中小企業であれ、大企業であれ、予算は常に課題となっています。予算により、取りうる戦略や最適化の方法も決まってくるからです。理想的な環境としては、予算が無限であれば問題は何もないのですが、そんなことはありえないので、現実を見ていきたいと思います。

この記事では、予算内でキャンペーンの効果を最大化するためにすぐにできる方法をご紹介しています。

 

さて、最適化戦略の話をする前に、バジェットキャップでキャンペーン予算を管理することがなぜ最適ではないかを説明したいと思います。キャンペーンがバジェットキャップに達した場合はいつも、より多くのトラフィックを生み出すチャンスをすでに逃してしまっていることになります。次のグラフをご確認ください。

 

bid1.png

 

一般的に広告費が多ければ多いほど、クリックは多くなります。特定のCPCを指定した場合、特定のボリュームのトラフィックしか生み出すことはできません。壁にぶち当たったら、それを押し返したり、すりぬけたりといったことはできないのです。

 

それではこの状況をどうやって打開すればいいでしょうか?上記のように、バジェットキャップで広告費を管理することは効率的ではなく、クリック数も劇的に減少します。そのかわりに、入札価格で広告費を管理するのが最善の方法です。バジェットキャップのためクリック数が減少している全てのキャンペーンにおいて入札額を下げることを推奨しています。そうすることで、同じ予算内でより多くのクリック数を稼ぐことができます。次のグラフをご確認ください。

 

bid2.png

 

もちろんこの方法にも限界はあります。同じ予算内に抑えることを注意する必要があることです。入札額を下げることの本当の意図は、最も収益が上がる最適な入札ポイントを見つけるということです。入札価格を下げることは、トラフィックを増加させる魔法では決してありません。もし入札価格を大幅に下げてしまった場合は、今度は入札競争に勝てなくなり、トラフィックが減少します。効率が鍵なのです。

 

この方法の最後のポイントとしては、予算を少し増加させることです。コスト効率が向上したことで、予算増加の足がかりになるのではないでしょうか。予算を増加させ、入札価格を減少することで、最適化のための余地が生まれます。次のグラフをご覧ください。

 

bid3.png

 

長期的には、予算を使い切るキャンペーンがでてくることは避けられないでしょう。今回ご紹介した方法は、非効率を取り除く方法です。それにより、他のタスクに集中できるのです。

 

上記のようなパフォーマンスの改善や効率化を弊社プラットフォームMarin Searchで実現可能です。またエキスパートのサポートも合わせて提供しております。より詳細やデモのご希望は以下のお問い合わせよりご連絡ください。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト

 

 Post Tags: SEM Bidding

関連記事