デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Twitter、Facebook、Instagram最新動向まとめ

  5月から6月にかけて各パブリッシャーは新たな施策を発表しました。今回はTwitterFacebook Audience Network(FAN)Instagramの最新動向をご紹介します。

 

eMarketer社が発表した統計によると、朝日大学が2016年2月に首都圏在住のインターネットユーザーを対象に実施した調査で、LINEの使用率が男女ともどの年齢層でも圧倒的に多いことがわかりました。

 

blog_0607.png

 

特に20代女性だと約3/4以上がLINEユーザーという結果が出ています。全体的にみても女性のLINE使用率が男性に比べて高いです。

次に20代男性ではTwitterに比べてわずかにFacebookが、20代女性ではTwitterFacebookに比べて6.2%高く次位という結果でした。また、Instagram20代女性に高く指示されているようです。

LINEは日本ではコミュニケーションアプリとして不動の人気を誇り、今月より広告配信プラットフォーム、「LINE Ads Platform」の運用を開始しましたが、その可能性は未知数です。

今回はF1層、M1層に特に人気があるTwitterFANおよびInstagramに焦点を当て、ご紹介したいと思います。

 

Twitter:オーディエンスプラットフォームの提供を開始

Twitterオーディエンスプラットフォームにより、Twitterに限らず、Twitter外のオーディエンスにもデバイスを問わずに誘致が可能となり、これが本格的に活用できるようになれば、Twitterを使用する8億以上のユーザーにリーチができる予定です。また、プロモツイートをネイティブアド、バナー広告、そしてインタースティシャル広告などのフォーマットに自動的に変換でき、Twitter内外のあらゆる場所で様々なクリエイティブフォーマットを検証できるようになるそうです。

 

まもなく140字制限が緩和

返信の際の相手のユーザ名や貼付の動画や画像などが文字数としてカウントされなくなるそうです。またこれまではできなかった自分のツイートの引用やリツイートが、「.@」をつけなくても自分のフォロワーにツイートを表示してくれるようになるようです。これらの変更は今後少しずつ実施される予定です。

 

 

 

Facebook:広告ネットワーク「オーディエンスネットワーク」を拡大

―インタレストベース広告表示を開始

FacebookはFacebookのアカウントを持っていない非ユーザーにたいしてもインタレストベース広告をモバイル端末上に表示できるようにしたと発表しました。インタレストベース広告は、Facebook外のウェブサイトやアプリでのアクティビティに基づいて、クッキーを利用し関心度の高そうな広告が予想して表示される広告です。Facebookユーザーの傾向を基に似たような興味をもつオーディエンスにインタレストベース広告を表示できるようになるようです。

 

―動画広告でさらにリーチを拡大

オーディエンスネットワークを利用し、FacebookInstagramだけでなく、外部のアプリやウェブサイトにも配信が可能になるようです。インストリーム動画広告とインアーティクル動画広告の2種類の動画広告フォーマットを使用し、ブランド目的にあわせた動画コンテンツ作成や、リーチしたいターゲット層が利用しているアプリに配信できるようになるそうです。

 

blog_facebook_0607.jpg

 blog_facebook2_0607.jpg

 

 
Instagram:新しいInstagramビジネスツールを発表

―ビジネス専用アカウント「ビジネスプロフィール」

ビジネス専用のプロフィールを表示することができ、さらには「Contact」ボタンで電話、テキストもしくはメールなど企業とすぐに連絡がとれる機能も追加される予定です。

 blog-insta1_0606.png

―インサイト

モバイルから閲覧可能な分析ツールを導入し、いつでも場所を問わず投稿済みの広告のパフォーマンスを確認することができ、フォロワーの属性やインプレッション数、エンゲージメント数などがわかるようになります。

blog-insta2_0606.png

 

―プロモート

すでに共有している投稿にたいしてパフォーマンスが良い投稿を選び、後から広告として配信することができます。ターゲットオーディエンスを選定もしくはInstagramがターゲットを提案してくれます。

 

 

いかがでしたか?そのほかのFacebook広告でできる施策は、下記のホワイトペーパーをダウンロードしてみてください。

「Facebook広告の今」ホワイトペーパーダウンロード

 

参照リンク先:eMarketer

Who's Using Which Social Sites in Japan?

Twitter

 Twitterを活用したパフォーマンスキャンペーンのリーチを拡大

Coming soon: express even more in 140 characters

Facebook

Facebook starts selling offsite ads targeting non-users too
Facebookオーディエンスネトワークで動画広告のリーチを拡大

Instagram

Coming Soon: New Instagram Business Tools

 

 

 

 

 

 Post Tags: Mobile

関連記事