デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Snapchat 画像検索購入機能を発表

Instagramしかり、Pinterestしかり、Googleしかり、画像にタグ付けし、購入への導線を提供するのがにわかにブームになっていますが、今度はSnapchatがより一歩進んだ機能の提供を開始しました。

その機能は、Snapchatアプリのカメラで現実のものやバーコードを写すと、その写し出された物体を認識し、ポップアップウィンドウが表示されます。そのウィンドウでは、Amazonでのその商品(もしくはその類似品)、価格、サムネイル、平均レビュー点、Amazonプライムか否かが表示されます。そしてウィンドウをタップすることで、Amazonに遷移して、その商品を購入することが可能となっています。

 


これは、SnapchatとAmazonとのパートナーシップによって実現したものです。
新しいショッピングの形として、注目に値するでしょう。

 

一時はUSの10代を中心に絶大な人気を誇ったSnapchatですが、Instagramのストーリーズがリリースされて以降、MAUの減少など苦境が伝えられています。その状況の中で、カメラとモバイルを利用してAR/MRに活路を見出そうとしているSnapchat。AR/MRは今後さらに成長が期待できる分野だけに今後のSnapchat自体の動きも注視する必要があるでしょう。