デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

2016年の最新モバイルショッピング事情

この1年、スマートフォンは急激な成長をみせました。デスクトップおよびタブレットが停滞する一方で、スマートフォンでのクリックは対前年比2倍以上に伸びました。今回は下部の図で示しているように、マリンの調査結果と合わせて、如何にデスクトップと比較した際にモバイルで買い物をするユーザーが増え、購買率にどのような変化をもたすのかをまとめた最新モバイルショッピングレポートをご紹介します。

すぐにご覧になりたい方は下の画像をクリックしていただきますと、レポートダウンロードページへ移動できます。

 

Marinの最新ショッピング広告レポート

 

今回ご紹介するクロスチャネルマーケティングレポートでは、グーグルとBingのテキスト広告およびでショッピング広告で月間USD10万ドル以上出稿している広告主様のデータをMarinグローバルオンライン広告指標を用い、パフォーマンスを分析しました。データセットの大きさや多様性により、ショッピング広告のパフォーマンスに対する最も包括的な分析となっています。

 

スマートフォンのクリック率:スマートフォンのクリック成長は2015年後半にピークを迎え、2015年1月に比べてほぼ150%向上しました。どこにいても、いつでもスマートフォンでショッピングを楽しめるようになってきたため、スマートフォンでのクリックが急拡大し、結果、全てのショッピング広告小売事業広告のクリック率の約半分にあたる55%が、スマートフォンからきている状況にあります。

 

スマートフォンのCTR:スマートフォンのCTRはデスクトップやタブレットに比べて常に高く、特に年末シーズンなどの買い物客が増加する時期には高くなる傾向があります。

 

スマートフォンのCPC:タブレットおよびデスクトップにおけるショッピング広告のCPCは高騰し、それはテキスト広告に匹敵するレベルにあります。しかし、スマートフォンでのショッピング広告のCPCは、スマートフォンでのテキスト広告のCPCよりも1/4ほど低くなっています。

 

shopping-2016-blog-mobile-body-image-500x304.gif

以上モバイルショッピングのレポートに関してご紹介しました。さらに詳しい情報に関してはこちらより資料をダウンロードください。

関連記事