デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google ETA(拡張テキスト広告)への対応について

前回から少し期間が空いてしまいましたが、弊社のマルチチャンネル広告管理プラットフォーム「Marin Search」においても、ETA(Expanded Text Ads:拡張テキスト広告)の入稿・レポートに7月下旬に対応いたしました。今回はその対応内容についてご紹介したいと思います。

同期

Google Adwordsの管理画面にて作成されたETAは、従来のテキスト広告と同様にMarin Searchに問題なく同期されます。

 

作成

ETAを単一で作成・編集していただくことはもちろん、バルクシートをご利用いただくことで、Marin SearchよりバルクでETAを作成していただくことが可能です。

google_eta_marinsearch.png

入札調整

Googleが一部の広告主に解放しているモバイル、タブレット、デスクトップのそれぞれで入札単価調整が可能になっています。

今後のスケジュール

10月下旬にはGoogleアドワーズ管理画面から新しく従来型のテキスト広告を作成できなくなる予定です。その後、2017年には従来型のテキスト広告は編集・配信も停止となります。

 

Marin Searchのより詳細をご希望の場合は、下記お問い合わせよりご連絡ください。担当営業よりご連絡差し上げます。

 

お問い合わせ

 

 

 

関連記事