デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

LinkedIn ターゲティング広告を拡充

日本では転職希望者ネットワークのようになっているLinkedInですが、USではB2Bマーケティングにおいて欠かすことができない存在になっています。そのLinkedInがようやくデモグラフィーや1stパーティデータを活用した「Matched Audiences」という広告商品をリリースしました。それを今回はご紹介します。

 

Matched Audiencesは以下の3つのターゲティングからなるオーディエンス作成・配信機能です。

 

Website Retargeting

いわゆるリタゲです。自社サイトにLinkedInのタグを埋め込み、サイト訪問者をセグメントし、それぞれに対してリターゲティング広告を配信するというものです。

 

 

Account Targeting

いわゆるABM(Account Based Marketing)キャンペーンに特化した機能です。アカウント(企業名)をCSVでアップロードすると、そのアカウントに該当するユーザに対して広告が配信されるというものです。

 

 

Contact Targeting

Facebookのカスタムオーディエンスのような機能です。
コンタクトリストをCSVもしくはMarketo、Eloqua、LiveRampなどから直接LinkedInに読み込み、それに基づいてオーディエンスをセグメントし、対象オーディエンスに対して配信するというものです。

 

Facebookにかなり遅れはとっていますが、LinkedInもそのデモグラフィーを活用した広告を出してきました。日本でももう少し普及すれば、強力なマーケティングツールになることは間違いないでしょう。

 

 Post Tags: Social Trends

関連記事