デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

【モバイル広告最新動向】モバイル広告市場の売上高とコンバージョン率を即座に上げるヒント5選

  これまでのモバイル広告市場の売上高と今後の予測を参考にしながら、今すぐできるモバイルでのコンバージョンレートを上げる方法をご紹介します。

 

前回のブログ記事でも取り上げましたが、モバイル広告市場は今年も上り調子です。

スマートフォンの普及率に伴い、ユーザー行動もPCからモバイルへと変化を遂げています。場所や時間を選ばず、どこにいても欲しい情報がモバイル検索やモバイルアプリ、ソーシャルから得ることができます。そのようなモバイル市場において、PCだけでなく、モバイル広告向けに最適化されたフォーマットの広告が急速に拡大し、クロスチャネルで広告配信が可能になり、広告ニーズも格段に増してきています。

株式会社CyberZと株式会社シード・プランニングの共同のスマートフォン広告市場動向調査結果を見ると、スマートフォン広告の費用は今後も年々増加傾向にあると予測されています。2015年の市場規模は3,717億円で、2016年は前年と比べると825億円高い、122.2%と予測されています。

 

blog_0517_1.png

次に、広告商品別の内訳チャートを確認すると、全体の広告費用は増加傾向にあるものの、ディスプレイ広告が抜き出て著しい増加を見せています。2016年予測をみると、検索連動型広告市場が1,559億円(前年比113%)、ディスプレイ広告市場は2,893億円(前年比130%)、成果報酬型広告市場が90億円(前年比80.1%)となりました。

成果報酬型広告市場の広告費は減少していますが、2014年から2015年の比率に(前年比70.0%)比べると比率が高くなっていることがわかります。そのほかのカテゴリも比率こそ緩やかな傾向になっていますが、依然として広告費用が伸びています。

blog_0517_2.png

 

このように成長率が上がっている中で、よりモバイルユーザーにリーチするためには何をすべきでしょうか?今回は今すぐにでもできる、モバイル広告でのコンバージョン率を上げるための5つのヒントをご紹介します。

 

#1 コンバージョントラッキングソフトウェアを実装する

モバイル上で、ユーザーはどのページをみているか予測できますか?モバイルのk須玉ージャーニーの道は大小の画面サイズの違いやそのほかの障害物など、時に険しくもあります。ユーザーの行動を把握し、どこで離脱したか分析でき、そしてファネルの計測が可能なツールを探してみましょう。分析ツールを導入することにより、劇的にROIを向上させる可能性がぐんと増加します。

 

#2 スティッキーメニューを実装する

ユーザーがページをスクロールすることによって、CTAボタンが見えなくなってしまっては、せっかくのチャンスを逃してしまいます。スティッキーメニューを活用すれば、スクロールしてもメニューがついてくるので、ユーザーを逃すことなく、CTAボタンへ誘導可能です。

 

#3 電話番号の下に下線を引く

モバイルユーザーは下線が引いてあるワードにはリンクが貼ってあることを知っています。

つまり、電話番号が直接クリックできることを可能にしているだけでなく、ユーザーに対してもクリックできることを知らせる有効な方法です。また、色の変更やボールドにして目立たせることも有効です。#2でお伝えした、スティッキーメニューを使用して常に表示させておくのもいいでしょう。

blog_0517_3.png

 

#4 入力フォームの見直し

入力フォームを見直して、可能な限りユーザーにストレスを与えないキーボードの最適化をしましょう。

電話番号やクレジット番号の数字のみの入力の場合、<input type=tel>.を設定するなどinputタグのtype属性を変更して、より入力しやすいフォームに変更しましょう。

 

blog_0517_4.png

#5 セールスポイントを強調する

画面のスペースに限りのあるモバイルでは簡潔に伝えることも大切です。ユーザーが急ぎで自社商品やサービスについて知りたい場合、ユーザーの目の付く箇所で、できるだけ簡潔にわかりやすく御社のセールスポイントをアピールしましょう。

例えば、24時間電話対応な可能であるならば、ランディングページのトップにその情報と電話番号を表示してみるのもいいと思います。

 

モバイル広告において電話番号表示オプションはユーザー状況を問わずクリックするとすぐに電話がつながるので商品やサービスによってはとても効果的な手法です。

 

「最新入札・最適化戦略」ホワイトペーパーダウンロード

 

参考リンク:株式会社CyberZ:スマートフォン広告市場動向調査

5 Speedy Ways to Optimize Your Mobile Conversion Rate

 

 

 Post Tags: Mobile

関連記事