デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

MarinのApple ITP2.0対応について

おそらく今月には正式リリースとなるiOS12およびmacOS Mojaveにおいて、マーケティング関連で最もインパクトが大きい機能となるであろうITP2.0。詳細については以前の記事をご確認ください。このITP2.0への弊社の対応についてご説明いたします。

弊社ではMarin Trackerという名のトラッキングツールを広告運用プラットフォームの位置機能として提供いたしております。このMarin Trackerにはjavascriptをランディングページに埋め込んでいただくものとURLリダイレクトを行って計測するものとの2タイプがございます。

 

ITP2.0は原則としてサードパーティCookieの付与を制限するものです。逆に言えば、ファーストパーティCookieは制限されておりません。

そのため、Marin Trackerのjavascriptタイプについてはトラッキング情報をファーストパーティCookieに書き込み、その情報を読取っております。そのためiOS12およびMojaveがリリースされITP2.0がデフォルトになったとしても、Marin Trackerのjavascriptタイプについては現在と変わらず、問題なくトラッキング可能です。

一方URLリダイレクトタイプですが、こちらの場合は文字通りURLをリダイレクトさせ、サードパーティCookieで計測しています。そのため、URLリダイレクトタイプの場合は、iOS12およびMojaveがリリースされITP2.0がデフォルトになった場合、正しく計測できなくなります。URLリダイレクトタイプをお使いの場合は、特にiOS12の影響が大きいと思われますので、早急にjavascriptタイプに移行してください

 

設定や移行方法、不明点については、弊社担当アカウントチームにご連絡ください。

 

またこのようなパブリッシャー側の変更においても、常に一歩進んで迅速に弊社は対応しており、ご安心してお使いいただけるデジタル広告運用プラットフォームを提供しております。ご興味がございましたら、下記よりご連絡ください。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト