デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google 並行トラッキングをデフォルトに

Google Adwordsの仕様変更や新機能発表が続いていますが、AppleのITP導入以上に影響が大きいと思われる変更が発表されました。

発表されたのは、並行トラッキングというトラッキングコードのローディング方法の変更です。並行トラッキングは2017年中にローリングアウトされ、2018年にはデフォルトのトラッキング方法になります。

 

これは、従来のトラッキングが

  1. ユーザーが広告をクリックする
  2. Adwordsのクリックトラッカーが読み込まれる
  3. トラッキングURLが読み込まれる
  4. 追加のトラッキングURLがあれば読み込まれる
  5. 広告主のランディングページがユーザーに表示される

というフローだったのに対して、

 

  1. ユーザーが広告をクリックする
  2. 広告主のランディングページがユーザーに表示される

という処理が行われるのと同時にバックグラウンドで

 

  1. AdWords のクリック トラッカーが読み込まれる

  2. トラッキング URL が読み込まれる

  3. リダイレクトがあれば読み込まれる

というトラッキング処理が行わるものです。

これにより、ぺージのロード時間が従来よりも高速になるという利点があります。

 

逆にこの変更によるマイナスの影響としては、

 

  • ご利用しているトラッキングベンダーおよびトラッキング方法によっては正しくトラッキング出来なくなる

ということが最も大きなものです。対応や詳細については、ご利用のトラッキングベンダーにご確認ください。

 

弊社はこの並行トラッキングのロールアウトに際し、兼ねてよりGoogleと蜜に連携して開発を進めております。そのため、弊社のサーチ広告管理運用プラットフォーム「Marin Search」のトラッキングであるMarin Trackerをお使いの場合は、Javascript版はもちろんのこと、redirectをお使いの場合でもほとんどの場合、問題なくトラッキングすることが可能です。非常に特殊な構成になっている場合に改修が必要なこともございますので、担当アカウントチームにご不明点等はご確認ください。

 

何かご不明点、ご質問等ございましたら、担当アカウントチームもしくは下記よりご連絡ください。

 

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト

 

 Post Tags: Google Marin Search

関連記事