デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google、モバイルスコアカードおよびインパクトカリキュレーターリリース

モバイルファーストを掲げるGoogleが先日2つのモバイル向けツールをリリースしました。そのツールについて解説します。

リリースされたのは、「モバイルスコアカード」という競合のモバイルサイトとローディングスピードを比較ができるサービスと、モバイルサイトのローディングスピードがビジネスにどの程度の影響を与えるかを試算することができる「インパクトカルキュレーター」です。

 

モバイルスコアカード

モバイルスコアカードは、Google Chromeに付属するChrome User Experience Reportのデータを利用し、指定した複数のモバイルサイトの間でのページのローディングスピードの比較を行うものです。モバイルの接続状況(3Gもしくは4G)を選択することもできます。比較できるのは日本を含む世界12か国となっています。

 

GIF_SPEED SCORECARD_ English.gifちなみにGoogleとしては3G回線では5秒以内、4G回線では3秒以内のローディング時間を目安としています。

 

インパクトカルキュレーター

モバイルサイトのローディング時間によって、どれほどの機会損失が生じているかを計算することができるツールです。データはGoogle Analyticsからベンチマーク用に抽出されたものをもとに生成されています。

 

Uplift_FINAL_Compressed.gifモバイルサイトのローディング時間がどの程度ビジネスに影響を与えているかを視覚化できるという意味で、非常に大きなインパクトがあるツールだといえるでしょう。

 

以前スピードアップデートの記事でも解説したように、Adwordsにおいてもモバイルサイトのローディングスピードは、品質スコアに直接的に影響し、非常に重要な意味を持ちます。上記のようなツールを使って最適化することがパフォーマンスを上げることに直結するでしょう。

 

マリンソフトウェアが提供するサーチ広告運用プラットフォーム「Marin Search」では、品質スコアの履歴はもちろんのこと、モバイルやデスクトップの割合やそれに伴った入札調整などモバイルファーストの環境でのパフォーマンス最大化をサポートしています。ご興味ございましたら、下記よりご連絡ください。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト