デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google Shopping Action発表

特にリテール分野において、ますます重要度を増すGoogle Shopping広告ですが、本日新しいショッピング広告向けの機能が発表されました。

Google Shopping Action

Googleの調査によると、毎週スマートスピーカーを使う人のうち、44%の人がスマートスピーカーを使って週に1度は何かを購入しており、「どこで買うべきか」というモバイルでの検索が過去2年間で85%以上増加しています。そのような状況の中で、よりよいショッピング体験を提供するために、GoogleはShopping Actionという機能を発表しました。

 

shopping actions.png

 

このShopping Actionの特徴は次の通りです。

  • モバイル、デスクトップ、Google Assistant、Google Homeでカート、リスト、決済を一元化
  • 音声による買い物時に、商品の読み上げ順位を上げる
  • 1クリックによる商品の再購入や過去の閲覧・購入履歴によるパーソナライズされたリコメンデーション機能の提供

これにより、次のようなことが可能になります。例えばブランドAがShopping Actionを利用しているとします。デスクトップでお風呂用洗剤を検索し、ブランドAの洗剤のリスティング広告をクリックし、カートに入れます。その後、キッチンでアルミホイルがないことに気づき、Google Home経由でホイルをカートに入れます。チェックアウトするときには、Googleのチェックアウト機能で洗剤とホイルを同時に購入することができます。

 

つまりは、現在Amazonが自社サイトおよびEchoで行っているような展開をGoogleも行う形になるということです。

Shopping ActionはCost Per Sales(売上時課金)となっており、モバイル、デスクトップではGoogle ショッピングページの広告枠に商品は掲載されます。オーガニックの順位には影響を与えません。

 

様々な分野で競合するAmazonとGoogleですが、いよいよAmazonの主戦場であったリテール分野でもGoogleが攻勢をかけ始めています。マーケッターとしては、それだけ様々なチャンネルを考慮し、データを活用した戦略を立てることが必要となって来るでしょう。