デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google Chrome、広告ブロッカーをプリインストールへ

Googleから非常に大きな発表がありました。iOSのSafariではコンテンツブロッカーが提供されていますが、日本・世界ともにシェア1位を誇るGoogle Chromeでも広告ブロッカー機能がデフォルトで提供されることになりました。

Adwordsのような広告商品が主力なGoogleがなぜ広告ブロッカーを提供するのか疑問に思われるかもしれません。広告ブロックといっても、Safariのコンテンツブロッカーとは異なり、Google Chromeの広告ブロッカーは全ての広告をブロックするわけではないのです。
以前インタースティシャル広告のページランクを下げる判断をGoogleが行ったように、ウェブページでのユーザ体験を妨げるような広告のみをブロックするという機能です。この機能を含んだGoogle Chromeは2018年初頭にリリースされる予定です。

ここで問題となってくるのが、ユーザ体験を妨げるような広告をどのように判断するかということだと思います。それはGoogleなど主要パブリッシャーやアドテク企業が加盟するオンライン広告をより良くしていこうという団体「Coalition for Better Ads」が定める基準がベースとなります。その基準に合致していない広告については、Google Chromeがデフォルトでブロックするということになります。

もちろんウェブサイト管理者が、広告掲載が基準に合致しているかを確認するために、Googleはこの基準が合致しているかをテストするツール「Ad Experience Report」を提供しており、それに基いてテストすることが可能となっています。

 

全ての広告を一律ブロックするのではなく、基準に合致しないものだけブロックするというのはユーザー、パブリッシャー双方にとってベターな落とし所でしょう。
パブリッシャーはインベントリー構成などマネタイズについてさらに戦略的になる必要があるでしょうし、ユーザーにとってはより適切な広告が配信されることはよりよいユーザー体験につながるはずです。

 Post Tags: Google

関連記事