デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google Adwords 拡張テキスト広告の導入発表

現在ウェブでの検索の半分以上がモバイルからのものです。その流れを受けて、グーグルはモバイルファーストのプロダクト開発をますます加速させています。先日アドワーズの右側広告枠がなくなりましたが、それに続いて、クリエイティブに対する大幅な変更が発表されました

Google Performance Summitで発表された変更は、拡張テキスト広告(Expanded Text Ads: ETA)とよばれるものです。このETAは今年後半には、全広告主に既存のテキスト広告に変わって、提供される予定です。
このETAの特徴は以下のとおりです。

  現状のテキスト広告 拡張テキスト広告
見出し  全角15文字  全角15文字+全角15文字
2つの見出しはハイフンでつながって表示される
広告文 1,2それぞれ全角19文字  全角40文字
 表示URL 半角35文字 なし
ランディングページURLから自動的にドメインを抽出
ドメイン以下のパスについては、半角15文字以内で2つまで指定可能
 入札  デスクトップ向け入札価格およびモバイル調整を設定  基本入札価格を設定し、デスクトップ、モバイル、タブレット向け調整を設定(-100%から+900%)

eta_image.png

 Googleによると、この変更によりモバイル検索画面での表示面積が50%向上し、CTRが20%向上し、CPCが低減するとのテスト結果が出ているということです。

 

[2016/8更新]

マリンソフトウェアのプラットフォームMarin SearchでのETA対応につきましては、こちらを御覧ください

 

eMarketerの予測によると、2016年のデジタル広告のうち63%がモバイル広告に費やされ、この傾向は2020年までますます加速していくようです。上記のETA以外にもGDNでのレスポンシブデザイン広告への対応が発表されましたが、Googleはモバイルに最適化された広告をますますリリースしていくでしょう。

マリンソフトウェアでは、より効率的にサーチ広告を運用していただけるようなソリューションを提供していきます。Marin Searchでは、直感的なプラットフォームでキャンペーンを一元管理することができ、パフォーマンスの改善や解析をお手伝いいたします。
MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト

 Post Tags: Google SEM

関連記事