デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Firefox、トラッキングをデフォルトでブロックへ

AppleがSafariにITPを導入し、Googleが並行トラッキングを導入しているように、プライバシー保護やウェブページのローディング速度向上のため、トラッキングをブロックする傾向が強くなっています。その流れのなか、Firefoxもトラッキングをデフォルトでブロックする計画を発表しました。

それによると、ウェブサイトのローディング速度を遅くさせている原因となっているトラッキングツールに対するブロックテストを9月から開始し、順調に行けばFirefox63からデフォルトでブロックします。

さらにクロスサイトトラッキング(いわゆる第三者配信や解析ツール)についても、同様に9月からテストを行い、Firefox65よりデフォルトでブロックするということです。

 

Firefoxは国内ブラウザシェア第3位の約7%となっており、このブロックの影響も少なくないでしょう。
Facebookのケンブリッジアナリティカ事件を発端とするオンラインプライバシーの保護意識の高まりにより、今後はますますCookieベースでのトラッキングは難しい状況となっていくでしょう。それに対応していく柔軟さがパブリッシャー、ベンダー、マーケッター全てに必要とされるでしょう。