デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

【海外成功事例】保険会社、サーチキーワードデータを活用したFacebook広告で、ROI40%向上

前回の事例のように、私たちはパブリッシャーではできない複数のチャンネルを横断して広告のパフォーマンスを最大化するソリューションを提供しています。今回はサーチキーワードデータを活用しソーシャル広告でパフォーマンスを向上させた事例をご紹介したいとおもいます。

UKの短期保険専門の保険会社TempCoverは、サーチ広告ではよいパフォーマンスをあげていたものの、ソーシャル広告、特にFacebook広告では改善の余地がある状況となっていました。そこで、私たちのMarin Search Intent機能で、サーチ検索キーワードを元に、Facebookでオーディエンス及び類似オーディエンス、広告を自動作成しました。

 

marinsearchintent.pngこれは、以前大手自動車メーカーの事例でも紹介いたしましたが、キーワードとGoogleでの広告文をもとに、Facebookでオーディエンス、および類似オーディエンス、広告を自動生成するという機能です。

 

Tempcoverはこの機能を利用し、従来ではできなかった次のような施策をFacebookで行うことが可能となりました。

 

  • 1日、1週、1ヶ月といった期間毎に車、バン、バイク保険のセグメント化されたSearch Intentオーディエンスの作成
  • TruePathアトリビューションレポートを活用し、チャンネルとデバイスを横断してコンバージョンへのタッチポイントを計測が可能に
  • Search Intentによる広告作成機能で、Googleでのテキスト広告をFacebookでのウェブサイトコンバージョンキャンペーンでの広告と統一されたメッセージングが可能に

これにより、ROIの40%向上やマージンの215%向上につなげることができました。

より詳細については、事例紹介ページを御覧ください。

 

また上記Search Intentにご興味ございましたら、下記よりご連絡ください。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト