デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

オペレーション業務の作業効率化

リスティング広告の運用においては、プランニングやデータ分析などロジカルな思考を必要とする作業以外にもキーワードやクリエイティブの追加・変更作業やレポート作成といったオペレーション業務にも、多くの時間をとられます。ECサイトでは商品が新たに発売されれば、該当するキーワードを追加し、セール期間になればセール用のクリエイティブに変更し、不動産業界では物件情報が更新されれば都度キーワードを追加し、キャンペーンが始まれば同じくクリエイティブを変更。そしてその後はレポートの集計作業・・・などなど、これらの業務に日々深夜まで時間を費やしている方も多いのではないでしょうか。
キーワード・クリエイティブの編集(追加・変更)で時間がかかるのは、バルクシートの作成です。各アカウント毎にYahoo!・Googleそれぞれのバルクシートを作成し、それらを各アカウント、各媒体にアップロードする。Marinではアカウント・媒体間を跨いで入稿が出来るのでこの作業が一つのシート,一回のアップロードで完結します。またYahoo!における編集作業は、バルクシートを作成するうえで既存内容のID(キャンペーンID、広告グループIDなど)の紐付けが必要となり、その度に既存内容をダウンロードするといった作業にも時間を要すると思います。MarinのバルクシートはこのIDが必要無いので、編集作業も非常に簡単に行えます。

レポートも同様です。毎回一つ一つのアカウントにログインし、データをダウンロードし、集計しているかとおもいます。Marin上ではこれが一回、且つ自動でレポートが作成されます。グラフのデータも自動作成されエクセル作業も削減されます。

このようにMarinでは複数回行っていた作業を一回で、且つ簡単な作業で実施する事ができ、負荷がかかっていたオペレーション業務工数が大幅に削減されます。
検索マーケティング運用において、日常業務を効率化し、作業時間効率化が達成できるのです。

 Post Tags: Management

関連記事