デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

アシストコンバージョンでより明確な効果測定を

一般的なコンバージョン指標はユーザーが最終的にコンバージョンされた時のみデータ化されます。実際には、訪問者がサイトでコンバージョンされる前にきっかけとなった多くのステップがあります。

そのステップが成されている上層ファネルにおいて、キャンペーンはどのように測定されるべきでしょうか?また、それらのステップが増分利益を作り、最終的なコンバージョンへ導いてくれたのかどのようにして判断すべきでしょうか?

 

アシストコンバージョンとは?

アシストコンバージョンは、他のキャンペーンが最終的なコンバージョンへ結び付けるためにどれほど貢献したかを計測できるインサイトです。このインサイトは、より良い決断を行う際や、早い段階で上層ファネルへのマーケティングの取り組みの価値を示す面でも

大変重要です。

 

どのような効果が?

自社ウェブサイトを訪問した人をターゲットし、キャンペーンを運用しているとします。また、それ以外に自社ウェブサイト上の特定の製品のページを訪れた人々をターゲットにした別のキャンペーンも運用しています。この場合、すでにターゲティングしているウェブサイトの訪問者がいかに効果的か測定することができると思いますが、その製品ページキャンペーン経由のコンバージョンが功績として認めれてない場合があります。

 

言い換えれば、そのターゲットキャンペーンは顧客を次の中層ファネルを押し上げる役割を果たしたにもかかわらず、その価値を評価されてないよう見えます。

 

また、別の例では、例えば訪問者がFacebookのニュースフィード広告を見たりクリックしたとして、その後にウェブ広告にてコンバージョンされたとします。

一般的なコンバージョン指標の基準では、ウェブ広告が最終的にコンバージョンの成果を挙げたことになります。しかし、このシナリオでは、Facebookのニュースフォードこそが助力となり決定的なシュートをしたことになります。

 

いかがでしたか。
アシストコンバージョンとアトリビューション分析の関係、効率的な効果測定など、デジタルマーケターに向けたすぐに役立つ、ビュースルーコンバージョン(VTC)の価値と必要性や、VTCの測定と評価に使えるテクニックや情報をまとめた無料のホワイトペーパーをご用意しました。是非あわせてご覧ください。

また、正確なアトリビューション分析で成果をだすコツに関してのご相談はこちらよりお問い合わせください。合わせて、Display広告全般に関してはこちらをご覧ください。

 

デジタルマーケター必見!ビュースルーコンバージョンとアトリビューション ホワイトペーパー

関連記事