デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

3月26日からAdwordsインアクティブアカウントの利用停止のルールが変更に

先日発表されたAdwordsアカウントのキャンセルに関するルールの変更について共有したいと思います。

Googleの発表によると、広告費の消化が15ヶ月ない場合は当該アカウントはキャンセルされるとのことです。この変更は3月26日から有効となります。

アカウントがキャンセルされるということは次のようなことを意味します。

  • 支払い済み未消化広告費の払い戻し
  • 24時間以内に全広告の停止

この変更の背景としては、Adwordsのユーザー体験を向上させ、MCCアカウントの上限数の管理を容易にするためということのようです。

 

ではアカウントが利用停止されてしまった場合、どのようにすればいいでしょうか?

 

Adwordsアカウントの場合は、画面右上のスパナのマークをクリックして、各種設定を選び、アカウントのステータスという部分で「アカウントを再アクティブ化」をクリックすることでで利用再開することが可能です。

 

adwords_account.pngMCCアカウントの場合は、画面左側にあるMCCアカウント名の隣にある3つの点のメニューをクリックすることで利用停止のアカウントを表示することができ、そこから利用再開することができます。

 

15ヶ月というのは長いようにも感じますが、シーズナリティがあるアカウントの場合案外見落としてしまうかもしれません。3月26日から変更となりますので、ご注意ください。