デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

シニア向け広告を成功させる5つのポイント

日本では4人に1人が65歳以上を超え、その個人消費は100兆円を超えると言われています。そのような巨大市場に対してのマーケティング・広告で成功するためのポイントを考えていきたいと思います。

シニア向けの言葉を使う

現役世代をターゲットとしている商品のプロモーションと同様ですが、タグラインや商品説明に、ターゲットとしている年代にあった言葉を使うことが必要です。誰にでもわかる言葉遣いということがより一層大切となります。

 

シニアは自分で判断する

皆さん、自分の両親などから商品に対する意見を求められたことが1度はあると思います。その経験から、シニア向けのマーケティングを行う際に、実際決定するシニアに対してではなく、その子供世代に対して、意図的にせよ、意図せずにせよ、マーケティングを行ってしまうことがあります。しかしながら、意見は参考にするかもしれませんがシニア世代ももちろん自分の意思で決定します。そのことを念頭に必ず置いておく必要があります。

 

わかりやすく

例えば今スマートフォンを活用している層ではハンバーガーメニューが表示されれば、そこにメニューがあるということを理解していると思いますが、シニア層ではそういったUI1つとっても認識が異なる場合があります。上記のポイントとも重なりますが、誰にでもわかりやすいUI/UXを心がけることがより一生重要です。

 

マルチチャンネル

シニア層では、特にバーチャルなものより物理的なもの、例えば商品のウェブページではなく、紙の商品カタログを好む傾向がより一層強くなります。普段デジタルマーケティングを中心にプロモーションを行っていると見落としがちなことですが、まだまだ紙のカタログは有効なマーケティング手段です。オンラインだけでなく、オフラインでも合わせてマーケティングすることが重要です。

 

パーソナライズ

日本では特にそうですが、サービスの質が非常に高い状態が長らく続いています。つまりユーザー1人1人に合わせたサービスが提供されています。そのような状況に慣れているシニア層にとっては、特にユーザ一人ひとり合わせ、パーソナライズされたマーケティングを行うことが大きな意味を持ちます。ウェブでパーソナライズするためには、様々なデータを組み合わせることが必要となりますが、その効果は絶大です。

 

このようにシニア層をターゲットとするマーケティング・広告の場合、様々なデータを活用し、よりわかりやすいユニバーサルなアプローチが必要となります。

 Post Tags: Best Practices

関連記事