デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

Google Shopping Campaign成功のため4つのヒント

これから年末へと向かっていきますが、その中で非常に強力なマーケティングツールとなるのが、検索キーワードに合わせて、商品情報を画像や価格とともに表示するグーグルショッピングキャンペーン。それを成功に導くためのヒントをご紹介します。

通常のテキスト広告に比べて2−3倍のクリック率があるショッピングキャンペーンでは、その運用の最適化が非常に重要となってきます。最適化のための4つのヒントをご紹介します。

 

プライオリティの設定

キャンペーンごとにプライオリティ(Low, Medium, High)をつけることができます。このプライオリティに応じて、オークションへの参加が決まります。一番高いプライオリティの予算がなくなった場合、もしくはネガティブキーワードに該当する場合に、次のプライオリティのキャンペーンがオークションに参加するという形になっています。そこで、キーワードとネガティブキーワードの組み合わせによって、プライオリティの階層を設計することが非常に重要となります。

 

キーワードに合わせて、商品名を修正

通常商品には検索キーワードを意識したような名前をつけていないと思いますが、ショッピングキャンペーンでキーワードマッチ率を向上させるために、検索キーワードを商品名に含めるように編集する必要があります。例えば、商品が2リットルのペットボトルの水2ケースの場合、通常だと「水」が商品名となりますが、その場合、「2リットル 水」や「水 2ケース」といったキーワードとの関連性が低くなります。それをさけるため「水2リットルx2ケース」といった商品名にする必要があります。

 

 

自動アイテムアップデート

自社サイトでフィードのようなメタデータを用意できれば、Google Merchant Centerと連動して、Googleの自動アップデート機能を活用できます。この機能により、セール時などの価格、在庫状況をダイナミックにショッピングキャンペーンに反映することができます。

Automatic-item-updates-500x361.png

 

SKUレベルレポート

弊社の管理・運用プラットフォームMarin SearchではGoogleが提供していないSKUレベルでのレポート機能を提供しています。これにより、それぞれの商品のパフォーマンスを確認し、セグメントの見直しや排除設定さらには入札の強弱に非常に大きな武器となります。

 

SKU-level-reporting.pngこのようなポイントをおさえることでショッピングキャンペーンを最適化していくことが可能となります。弊社ではショッピングキャンペーンでパフォーマンスがいい商品広告をFacebookのダイナミック広告に自動的に変換・展開するSmartSync for Shoppingという機能を提供しております。詳細やデモについては下記お問い合わせよりご連絡ください。

 

MarinSoftwareデモンストレーションリクエスト

 

またショッピングキャンペーンに関するパフォーマンスデータや通常のテキスト広告との比較などのホワイトペーパーを無償でダウンロードしていただけます。下記よりダウンロードしてみてください。

 

「Googleショッピングガイド 」ホワイトペーパーダウンロード(ホワイトペーパー無償ダウンロード)

 

関連記事