デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

今読むべきマーケティング本3冊 - AI時代を生き抜くマーケッターとは(2)

1回目となる前回は、AI(人工知能)が進化し始める現在において、特に今年注目すべきマーケティングのポイントを5つとりあげました。それを受けて、第2回となる今回は、その流れとともにマーケッターとしてキャリアを積んでいくために参考となる、最近発売されたマーケティング関連本3冊をご紹介したいと思います。

Marketing & Career 

1冊目は、マーケティングに関わる人はもちろんのこと、ビジネスパーソン全員に読んでもらいたい本です。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門


この本は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のCMOとして、USJを再定義し、業績をV字回復させた森岡毅氏による著書です。決してUSJの成功物語が描かれているわけではありません。マーケティング入門と書かれている通り、マーケティングとはそもそも何なのか?という所から、マーケティング思考、戦略思考、それらの実践、そして更にはマーケティング思考に基づくキャリアプランまで、非常に平易でわかり易い文章で述べられています。
かなりすっきりとまとまって明快な内容のため、マーケティングに関わりはじめの方はもちろん、マーケッターとしてキャリアを積んでこられた方でも、頭の整理そして今後のキャリアプランの一助としてぜひ一度手にとってもらいたい1冊です。

 

Attention

2冊目は、情報が爆発的に増大する現代において、いかに生活者の注目を集めることができるかを論じたもの。
2015年ベストビジネスブック賞受賞。

アテンション―「注目」で人を動かす7つの新戦略

生活者の関心を集め、エンゲージメントを高めるための7つのトリガーという切り口で、それぞれについて豊富で具体的な事例とともに解説されています。例えば、だれかに襲われたら「助けて!」ではなく「火事だ!」と叫べといった簡単な方法論から、実験や統計データに基づいた人々の注目を集めるためにはどうすればいいかという心理テクニック満載です。マーケティング手法としてはもちろんのこと、プロダクトローンチの際の戦術としても非常に興味深い内容となっています。

 

Customer Journey

最後3冊目は、顧客の購買行動の流れに沿って、行動や思考を追ったカスタマージャーニーについての入門書。

The Customer Journey 「選ばれるブランド」になる マーケティングの新技法を大解説

 

 カスタマージャーニーというコンセプトの解説と様々な業種での実践例。入門書ということもあり、内容的に不足している部分もありますが、カスタマージャーニーを考える際のフレームワークやカスタマージャーニーを使ってどのように競争優位を生み出していくかという所まで踏み込んでおり、実践的な1冊となっています。顧客視点でジャーニーをどのように考え、それに基づくユーザー体験の提供を考える上で視座に富んでいます。

Wrap Up

最近発売された中で注目すべき3冊のマーケティング関連本をご紹介しました。マーケッターとして必要となるスキルセットは、従来から変わらない部分も多い一方でキャッチアップすべきテクノロジーやコンセプトも多いのが事実です。上記のような書籍から得た知識をどのように活用して行き、どのような新しいマーケティングにつなげていくかということを考えていきたいと思います。

 Post Tags: Marketing Trends

関連記事