デジタルマーケティングの流儀

マリンソフトウェアジャパンがお届けする
最新のオンライン広告・デジタルマーケティング情報

ブログの更新を購読

Marin Searchの一歩先行く最適化!あらゆるデータソースからデータを利用しパフォーマンスを迅速に把握!詳細はこちら

最新の記事

過去の記事

【海外成功事例】ソーシャル広告戦略に必要な2つのこと

18.0241_2ThingsEverySocialAdStrategyNeeds_BLOGIMAGE

ソーシャル広告において、クリエイティブがいかに重要かはマーケティングの既知の事実です。

 

ソーシャル広告は昨今、日々進化し競争が激しくなるばかり。

今や手動・自動入札最適化だけでは、もやは不十分です。
実際、ソーシャル広告の最適化は、55%がクリエイティブマネジメントから成り立ち、残りの45%は入札や予算調整に依存します。
では、どのようにしてオーディエンスにとって、最も関連のあるクリエイティブを効率的に提供することができるのか。

Marinでは、"今"ソーシャル広告に必須な2つチップをご紹介します。

【チップ1】ダイナミッククリエイティブ

ご存知のようにオンライン広告は1サイズだけではありません。
Facebookは「ダイナミッククリエイティブ」という、強力な救世主を提供しています。
この機能は、いくつかのサイズの画像、ビデオ、テキストをアップロードすることにより、自動的にユーザーに合わせて表示させます。勝ちクリエイティブで構成された最適なコンビネーションで、適格なユーザーにリーチし、何が最もユーザーに対して関連性があるかを判断し最適化します。


FB-DynamicCreative-500x266

 


【チップ2】クロスチャネル戦略


Facebookのダイナミッククリエイティブは、広告主の運用時間削減と効率化に大きく貢献します。しかし、その機能をより最大化するためにはクロスチャネル戦略がキーとなります。

日本市場でもローンチ間近のMarinOneでは、「Search Intent(サーチインテント)」を使い、ユーザーが何かを探しているときに、実際の目的に沿うクリエイティブをFacebookでカスタマイズし提示します。
例えば、あるユーザーが上質な下着を探しているとき、Search IntentによりそのユーザーをFacebook上でリターゲティングし、衣服の上質性を強調するハイクオリティな写真とキャッチコピーを打ち出します。
これらのカスタマイズがユーザーにはダイレクトに響くでしょう。


フランスのリテールブランド"Le Slip Français"の事例 

MarinOneの「Search Intent」を使いFacebook戦略で成功した一例です。
Le Slip Françaisは、媒体での100のクリエイティブと30のユニークオーディエンスセグメントの管理に多くの時間を要していました。また、ユーザー獲得が伸び悩まないよう、新規の見込み顧客へのリーチを広げるのも1つの課題でした。Le Slip Françaisは、MarinOneの予算最適化アルゴリズムも併せて活用し、Search Intentが発掘した最もパフォーマンスの高いクリエイティブとオーディエンスに適格に予算を割り振ることで、CPAを48%軽減することにも成功しています。

・Facebookのコンバージョンを67%拡大
・Googleのコンバージョンを241%拡大
・ROIを1.6倍に増加
※前年比

ソーシャル広告を成功に導くポイント
いかがでしたでしょうか?お気づきの通り、すぐにできるたった2つのことです。

オーディエンス情報は自動化され、クロスチャネルでアプローチでする。
広告キャンペーンを最適なクリエイティブにすることで多くのメリットがあります。


詳細やMarinでのソーシャル広告戦略についてのお問合せは、こちらから!

 

関連記事